NPO法人 愛媛がんサポート おれんじの会

NPO法人愛媛がんサポート おれんじの会は、主に愛媛県内のがん患者と家族、その関係者が集う会です。

ブログ

”見送る”ということ

2015年6月7日 8:40 PM

IMG_0883

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひさびさの食べ物写真。

秋田空港で食べた「きりたんぽラーメン」です。

やはり地元で食べるとおいしい…気がします。

あすは横手へ行きますので、横手やきそばが食べられるかな?

 

さて、地元での活動の報告です。

先週金曜は、八幡浜市で在宅緩和ケアの症例検討会に参加しました。

1つの症例をもとに、関わった医師、看護師、ケアマネージャーそれぞれが報告を行い

痛み止めの使い方、症状への対処法、精神的ケアなどについて意見交換を行います。

 

開業の先生方の診療が終わって、午後7時からの開催。

約1時間30分、活発な議論が続きました。

 

個人情報ですので、詳細は書きませんが

松山の総合病院でがん治療を受け、その後自宅へ戻って

家族に看取られて旅立ったケースが取り上げられました。

 

印象的だったのは、後日ケアマネージャーがご遺族から聞いたという言葉です。

 

「大変なときもあったけど、自分が見送ったという達成感がある」

 

病院だと、どうしてもケアの中心は医療者になります。

しかし、自宅だと家族が中心。

能動的に”見送った”という実感を得られるということかもしれません。

 

愛媛県内では、こうした在宅での緩和ケアの症例検討会が

八幡浜の他にも、大洲、今治、松山で開催されています。

 

わたしたちの町なかサロンでも

月2回、原則第2、第4金曜の午後に看護師の医療相談を行っていて、

在宅医療についての相談もお受けしています。

お気軽にご利用ください。

 

住んでいる地域に関わらず、望む場所で治療を受けながら過ごせること。

それが当たり前の社会になってほしいものです。

 

 

 

 

 

がん対策加速化プラン

2015年6月2日 11:07 PM

九州で梅雨入り。

いよいよ雨の季節です。

 

昨日は、厚生労働省が主催する『がんサミット』に参加しました。

IMG_0875

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場で、塩崎厚生労働大臣から、

年内に「がん対策加速化プラン」を策定することがが発表されました。

”避けられるがんを防ぐ”ことを目指し、

「予防」「治療・研究」「共生」を3つの柱に取り組んでいくとのこと。

 

また、この場では、患者の代表として

グループネクサスジャパン理事長の天野慎介さんも基調講演をしました。

IMG_0881

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

命をつなぐこと、そのために出来ること、すべきことについて

力強いメッセージが語られました。

 

がん対策基本法制定から10年。

わたしたち患者、家族も自分たちの問題をしっかり考え

医療者や行政担当者と共に、

よりよいがん対策を目指して役割を果たしていくことが求められています。

 

 

がんを見つける

2015年5月29日 12:51 PM

鹿児島県 口永良部島で噴火したというニュースが伝えられています。

専門家の解説によれば「日本全体で火山活動が活発になっている」のだそうです。

正しく恐れる、ことが必要なのだと思います。

 

さて、昨日から有名人の訃報が相次いでいます。

俳優の今井雅之さんが大腸がんで、漫才師の今いくよさんが胃がんで亡くなられました。

ご冥福をお祈りします。

 

一連の報道で少し気になるのは

「なぜ、早期発見できなかったのか?」というコメントです。

早期発見できなかったことを疑問、あるいは責めているような言葉に聞こえなくもありません。

実は、これは、わたしたち患者にしばしば向けられる言葉でもあります。

 

大腸がんも胃がんも、わたしが罹患した子宮頸がんも、検診が死亡率を下げるとして

国が指針を示しています。

各自治体や職場での検診が勧められています。

例えば、松山市のHPには https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/iryo/zukuri/gankenshin.html

このような案内が出ています。

 

検診を受けて早期発見、早期治療につながるのが最善なのはもちろんですが

検診も万全ではなく、

また、何らかの事情で検診を受けられないこともあって

早期発見ができないケースがあります。

部位によっては、検診方法が確立していないタイプや

早期発見が極めて難しいタイプもあります。

 

わたしたちがご相談をお受けするときに

「もっとはやく見つければよかったのに…」とご自分を責める方があります。

わたしも同じ後悔をした者として、その気持ちはわかりますが

「見つかった時が、ご自分にとっての一番早い時期ですから

 これからの事を考えていきませんか?」とお話しさせていただいています。

 

正しく恐れて、備えをする。

しかし、そこには限界があることも知っておく。

そして問題が起こったときに、そこから最善を尽くしていくこと。

これが重要だと思っています。

 

 

大洲でのサロン開催します

2015年5月26日 11:02 PM

暑い一日でした。

松山での最高気温は28℃を超えたそうです。

今年初めて扇風機を使いました…。

 

さて、28日(木)に大洲市の喜多医師会病院で3回目のサロンを開催します。

2月、3月どちらも悪天候でしたが、今回は大丈夫なようです。

むしろ暑さが心配なくらいです。

 

午後2時30分~午後4時まで 病院2階の健診センターが会場です。

時間内の出入りは自由、参加は無料です。

ピアサポーターが一緒にお話をさせていただきます。

お気軽にお越しください!

 

 

 

 

 

 

治験について考えよう!

2015年5月25日 9:20 PM

町なかサロンでは、今年度から「夜の勉強会」を定期的に開催する予定です。

テーマを絞って、専門家に講演していただいたうえで

参加者でディスカッションをします。

大勢が参加する「講演会」では、なかなか質問できないようなことも

しっかりじっくり質問しながら、みんなで一緒に考えられればいいなと思っています。

 

早速、27日(水)に第一弾として「治験」を取り上げます。

治験とは何か?

どういう仕組みなのか?

基礎知識を学びます。

 

講師は、四国がんセンター臨床試験支援室 治験コーディネーターの

永井千絵さんです。

 

5月27日(水)午後6時30分~午後7時30分

会場は町なかサロンです。

事前申し込みは必要ありません。

参加無料、お気軽にお越しください。

 

夜の勉強会、次回は6月11日(木)に「がん登録」を取り上げる予定です。

詳細が決まりましたら、このHPでご案内いたします。

 

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2015えひめ 開催決定!

2015年5月23日 8:26 PM

がん患者と家族を支援するイベント「リレー・フォー・ライフ」の季節を迎えました。

きょう、あすは和歌山で開かれています。

このほか、今年は全国で40か所以上で開催される予定です。

 

松山での開催は、今年6回目を迎えます。

今年10月17日(土)~18日(日)、例年通り城山公園で開催します。

 

IMG_0693

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、去年の会場でのルミナリエメッセージです。

 

今年のテーマは「標(しるべ) ~つなごう この24時間を次の24時間へ~」としました。

暗闇を行く患者さんやご家族の標の一つになれるように、

また運営に関わる私たちが、標=原点を見つめなおして準備をすることへの

願いを込めました。

 

これから、このブログでも折に触れて準備の様子をご紹介します。

 

病院でのサロン~語り合いの場~

2015年5月22日 5:17 PM

町なかサロンでは、毎週金曜に「医療相談」を行っています。

医師と看護師が隔週で対応しています。

きょうは看護師の担当でした。

3組のご相談がありました。

少しでも気持ちが楽になってくれているといいのですが。

 

さて、このHP トップページの「病院サロン」のコーナーの情報を

更新しました。

 

愛媛県内の病院で開かれている「がんサロン」の一覧を掲載しています。

語り合い中心のところや、勉強会も併せて開いているところなど

それぞれに特色があります。

 

一人で考えていると、つい悪いことを考えてしまいがちです。

誰かと話したい、他の人の経験を聞いてみたいと思ったら

サロンへ足を運ぶのもいいかもしれません。

 

情報をご活用ください。

 

 

全国がん患者団体連合会 発足!

2015年5月20日 10:44 PM

全国がん患者団体連合会が発足、きょう記者会見を行いました。

 

部位や地域ごとに活動しているがん患者団体が、連携して

政策提言などを行うことを目指しています。

詳細は http://zenganren.jp/ をご覧ください。

 

東京、鹿児島、そして愛媛のわたし、3人が東京に集まり会合を重ね

覚悟を決めて立ち上げました。

 

すでに16団体が正式に加盟してくれています。

きょうも、数団体から申し込みが届いています。

 

地域の声を集約し、よりよいがん対策につなげていけるよう

これから仲間と共に歩んでいきます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

いのちを考える

2015年5月19日 10:15 PM

ずいぶんご無沙汰してしまいました。

「毎日確認してるんですよ」という言葉をいただき、胸が痛みながらも

なかなかPCに向かう時間的余裕がなく…

無理をしない範囲で、なんとか続けていきたいと思います。

懲りずにお付き合いいただければ幸いです。

 

きょうは、がんサポートかごしま 理事長の三好綾さんの講演を聴かせていただきました。

日本医科大学武蔵小杉病院でのキャンサーボード勉強会での講演です。

 

医師、看護師など医療スタッフが、がん患者への対応について学ぶ場で

患者が話をするという特別企画。

腫瘍内科の勝俣範之先生の企画で実現したものです。

 

三好さんは、27歳で乳がんに向き合った経験や

患者会活動で出会った仲間の思い、

そして5年以上続けている「いのちの授業」の取り組みなどを紹介しました。

 

百聞は一見にしかず。

「いのちの授業」の様子はユーチューブで見ることができます。

https://youtu.be/nwW34BzE-V4

小学校での授業ですが、ぜひ大人にも見て、考えていただきたいと思います。

 

さて、いのちを考える勉強会。

あす(20日)愛媛大学病院の「学び合いサロン」では

死生観をテーマに、松山ベテル病院後援会会長で、日本基督教団の小島誠志先生が講演されます。

18時~19時。院内の会議室にて。

どなたでも参加することができます。

お気軽にお越しください。

 

 

 

 

 

初開催 胃がん患者さんとご家族のためのサロン

2015年4月16日 10:09 PM

ブログ更新を怠っている間に

桜が咲き、雨が降り続き、葉桜になり

また雨が続いて、いつの間にかハナミヅキが咲き始めています。

 

年度末の書類書き、会議、出張…

例年のことながら、この美しい季節を楽しむ間のない日々。

そんな中、ふと目についたのが

松山市内中心部のお寺入口に掲げられた言葉です。

 

『息抜くちから  生き抜くちから』

 

思わず深呼吸してしまいました。

 

さて、町なかサロンでは

胃がん患者さんとご家族を対象としたサロンを初開催します。

治療後の体調の変化や、後遺症との付き合い方、食事の上手な取り方など

同じ経験をした人同士で語り合うサロンです。

4月21日(火)13時~15時 この間の出入りは自由です。

胃がん治療を経験したピアサポーターが一緒にお話をさせていただきます。

お気軽にご参加ください。

 

 

 

 

 
ページトップに戻る