NPO法人 愛媛がんサポート おれんじの会

NPO法人愛媛がんサポート おれんじの会は、主に愛媛県内のがん患者と家族、その関係者が集う会です。

ブログ

「病気を見ないで、その人を見てほしい」

2019年2月4日 9:49 PM

立春。

松山はポカポカ陽気で、日中は久々に暖房のスイッチを切りました。

 

昨日の活動報告。

愛媛新聞社と四国がんセンターなどが主催して

患者や家族への理解を深めるためのセミナーが開かれました。

新聞社が展開している愛giverプロジェクトの一環。

掲載記事はこちら

https://www.ehime-np.co.jp/article/news201902040157

 

腎細胞がんの治療を受けた、はんにゃの川島章良さんや

おれんじの会会員の三好英理さん、

四国がんセンターの医師が登壇してディスカッションが行われました。

 

この中で、三好さんが語った言葉。

「病気になる前は出来ていたのに、副作用で出来なくなったことがある。

 それを認めるのはつらいこと。

 でも、周囲に理解してサポートしてもらうには

 まず、自分が認めなければならない。

 そこを乗り越えることが、復職へ向けて大事にしたこと」

「病気を見ないで、その人自身を見て欲しい」

 

多くの患者が共通して感じることを

メッセージにして伝えてくれました。

 

病気も含めて、「わたし」を見て欲しい。

厳しい病気に向き合った人すべてが

「わたし」として生きていくことができる社会になりますように。

それが愛giverプロジェクトの願いでもあります。

 

 

 

第130回例会

2019年2月3日 8:59 PM

きょうは節分。

母が元気だった頃には

いつも炒った豆を用意してくれたものでした。

当時は「ただの言伝えでしょ」と感謝することも少なかったのですが

年齢を重ねて

家族のために言伝えを大事にして祈ってくれていた親の有難さが

ようやくわかるようになりました。

 

さて。

おれんじの会第130回例会を開催しました。

講師は四国がんセンター臨床心理士の井上実穂さん。

心の整え方についてお話いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心に残ったことを一つご紹介します。

「話す」ということについて。

「話す」→「離す」→「放す」

 

言葉にすることで

距離をおき

新たな気づきにつながる、というお話でした。

 

つらいことや、悲しいことを

誰かに話しながら、それは自分へ問いかけることでもあり

悩みの中の自分から、

歩きだしている自分へ。

 

「誰か」は家族や友人、医療者でもいいでしょうし

同じ経験をした人でもいいのかもしれません。

 

来月の例会は語り合いの会です。

3月3日(日)13:30~15:00

町なかサロンで開催予定です。

 

八幡浜でのサロン

2019年2月1日 8:41 PM

きょうから2月。

風の冷たい一日でした。

 

偶数月第1金曜日は、八幡浜市立総合病院でのサロンの日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんやご家族、ご友人などが参加してくださいました。

部位や状況は異なっても

同じ病気に向き合っている人同士だからこそ話せることを

語り合えた時間でした。

 

南予地域でのサロンは

・市立宇和島病院:毎月第4水曜 13:30~15:30

・八幡浜市立総合病院:偶数月第1金曜 13:30~15:00

・喜多医師会病院(大洲市):奇数月第1金曜 14:30~16:00

原則として、この予定で開催されています。

変更になることもありますので

事前に電話などでご確認ください。

 

いずれも申し込みは不要。

時間内に、体調などの都合で出入りは自由です。

お気軽にご参加ください。

 

インフルエンザ

2019年1月28日 9:41 PM

インフルエンザが猛威をふるっているとのことです。

国立がん研究センター がん情報サービスから

がん患者さんのための「インフルエンザQ&A」の情報が提供されています。

https://ganjoho.jp/public/support/infection/infulenza.html

ご参考になさってください。

 

10年以上前、初めてインフルエンザにかかったときのこと。

悪寒と熱と倦怠感で、起き上がることもできませんでした。

あきらかに脱水症状なのですが

スポーツドリンクを冷蔵庫に取りに行くこともできず。。。

あの時のつらさが忘れられず

この時期は、少し神経質なくらい手洗いを実行しています。

 

治療中の方は、一層注意されているとは思いますが

もしも感染した時にどう対応すればいいかを

主治医に尋ねておくのも大事かもしれません。

 

病院と町なかサロンの連携

2019年1月25日 8:14 AM

町なかサロンが開設されたのは2012年の夏。

愛媛県から補助金をいただき

わたしたち愛媛がんサポートおれんじの会が運営しています。

 

2012年当時、病院内で患者や家族が語り合う「サロン」が

多くの医療機関で開かれていました。

そのほとんどは月に1回程度の開催で

「タイミングが合わなくて行けない」

「診察日でなければ、病院へは行きづらい」などの声を聞き

便利な場所で、常に開いているサロンの必要性を感じるようになりました。

そして、県が補助金を出してくれることになりました。

 

22日(火)に、町なかサロンに

病院の相談支援を担当している方に来ていただき

実際にどんな場所で、どんな活動をしているのかを知ってもらう

「見学会」を開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛媛県がん診療連携協議会 相談支援専門部会の

正式な取り組みとして開催し

県内のがん診療連携拠点病院などから15人の方が参加してくださいました。

 

若年世代や、家族、遺族などのサポートは

なかなか医療機関だけでは手が回りにくく

連携して対応していくことの大切さを

病院関係者とピアサポーターとで確認することができました。

 

専門家による問題の解決と

わたしたちの共感。

この”2つの手”が、役割分担をし

補い合いながら

しんどさを抱えている人を支えていけるように。

愛媛モデルとして、一層進めていきたいと思っています。

 

 

 

 

住み慣れた家で過ごすということ

2019年1月21日 10:10 PM

月の美しい夜です。

 

今夜は、愛媛県在宅緩和ケア推進協議会でした。

委員の一人として会議に出席してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛媛県では、県内5つの地域で、それぞれの特性に応じて

在宅緩和ケアの取り組みを実施しています。

 

そのうちの今治、大洲、八幡浜、宇和島では、

「在宅緩和ケアコーディネーター」という職種を中心に

患者・家族を支える仕組みを展開しています。

 

地域によって医療資源や風土などが異なります。

そうした特性に合ったシステムを築き、ケアを行うことで

少しずつ実績を積み上げてきていることが

きょうの会議でも報告されました。

 

「住み慣れた自宅で過ごしたい」と願う患者さんがいるのならば

地域や病状、年齢、家庭の事情などにかかわらず実現できるように。

 

在宅緩和ケアについて具体的な情報を知りたい方は

今治、大洲、八幡浜、宇和島地域については

それぞれの医師会へ。

それ以外の地域については

現在治療を受けている医療機関の相談窓口へお問合せください。

 

町なかサロンも、在宅緩和ケアに関する情報提供を行っています。

089-997-7638(平日10時~15時 担当 松本)まで

お問合せください。

 

 

 

他地域の活動に学ぶ!

2019年1月20日 10:28 PM

きょうは、町なかサロンへ遠方からのお客さま。

北海道肺がん患者と家族の会 内山浩美さんと

香川で、女性だけの肺がん患者の会を運営している中矢仁美さん。

ピアサポーター有志でお話を聞かせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの地域での活動の工夫や

これから取り組んでいくことなどをお話してくださいました。

 

独りよがりにならないように

他の団体の取り組みの様子を知るのは、とても大事です。

見習える部分は見習って

より良い活動に繋げていきたいと思います。

 

北海道肺がん患者と家族の会のHPは

https://clover-163.amebaownd.com/

 

がん患者さんのための災害に関する情報

2019年1月17日 9:47 PM

1995年1月17日午前5時46分。

ベッドの中で揺れを感じました。

松山でも震度3程度の揺れだったと記憶しています。

 

あれから24年。

東日本大震災があり

熊本地震があり

そして、愛媛を襲った西日本豪雨。

 

災害はあたりまえの暮らしを奪っていきます。

病気や障がいを抱えている人、高齢者にも容赦なく襲いかかります。

 

必要以上に恐れることはないのでしょうけれど

せめて、きょうは災害への備えを考えておきたいものです。

 

国立がん研究センターの「がん情報サービス」には

『がん患者さんのための災害に関する情報』が掲載されています。

https://ganjoho.jp/public/support/disaster/index.html

 

備えあれば憂いなし。

どうか、明日が平穏な一日でありますように。

 

 

松山市がん対策推進条例 パブリックコメント募集

2019年1月15日 10:54 PM

松山市に住んでいる方への限定情報です。

「松山市がん対策推進条例(案)」への

パブリックコメント募集が始まりました。

http://www.city.matsuyama.ehime.jp/bosyu/gan_jyourei.html

 

愛媛県内で、市町でがん関連の条例が制定されるのは初めてです。

患者さんをはじめ多くの当事者の意見を反映した条例になるよう

みんなで意見を提出しましょう!

 

じょんのび

2019年1月13日 8:05 PM

よく晴れておだやかな一日。

街のあちこちで晴れ着姿を見かけました。

きょうは成人式だったんですね~。

 

さて「じょんのび」

新潟弁で「の~んびり」「ゆ~ったり」という意味だそうです。

わたしたちの仲間の一人が

「あゆみのじょんのび日記」というブログを公開しています。

https://blue.ap.teacup.com/sonoayumi2/

 

お人柄そのままの、あたたかい文章と

とても素敵な絵の数々。

 

ご両親を相次いで見送り、しばらくお休みしていたのですが

年末から再開しています。

 

町なかサロンにも、あゆみさんの絵が飾られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしたちのシンボルともいえる『ひとりじゃないよ』

ぜひ、見に来てください~。

 

 

 
ページトップに戻る