NPO法人 愛媛がんサポート おれんじの会

NPO法人愛媛がんサポート おれんじの会は、主に愛媛県内のがん患者と家族、その関係者が集う会です。

ブログ

仲間がいるということ

2020年10月4日 8:46 PM

きょうは、おれんじの会例会。

145回目です。

 

いろいろな思いを抱えて、この場に繋がった方々。

近況報告や、しんどい時の気持ちの整え方などを語り合いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、仲間から手作りのマスクをもらいました。

 

思い出すのは、治療中に隣のベッドの患者さんが

ピンクのタオルで縫ってくれた帽子のこと。

心細かったときに、どれほど支えになったかしれません。

 

仲間がいるということ。

そのことを伝えられるように

これからも月に1回の例会を継続していきます。

 

ピアサポート研修

2020年10月3日 9:00 PM

きょうは、ピアサポート研修。

 

例年は2日間連続で開催するのですが

感染防止のために、全員集合の研修は一日だけに

続きは、2つのグループに分け別日の開催となりました。

 

ピアサポート活動で最も大切なコミュニケーションについて

基礎を学んだ後には

ビデオカメラでロールプレイを撮影し

自分の表情や、姿勢、声の出し方を客観的に観察します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※写真はお顔がわからないように細工しています

 

よりよいピアサポートのために

活動を始める前の研修は、時に厳しい場面もあります。

 

わたしたち経験者だからこそできるサポートがある。

でも、「思い」だけあればよいということではありません。

態度、ことば遣い、情報・・・。

みんなで学び合いながら、よりよいサポートを目指していきたいと思います。

 

町なかサロンでは

火曜を除く平日、午前10時~12時、午後1時~3時の間は

ピアサポーターが対応させていただきます。

 

漠然とした不安がある。

家族や友人にも言えないしんどさ。

医療者とうまくコミュニケーションをとるには?

 

同じような経験をしたピアサポーターが

一緒に考えさせていただきます。

 

 

10月例会のご案内(10月4日開催です)

2020年10月1日 8:38 PM

きょうから10月。

 

中秋の名月ということで、

SNSにはお月さまの写真がいっぱいですが、これが難しい。

 

なので、味覚の秋の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、会員さんからいただいた栗。

土鍋で栗ご飯を炊いてみました。

実りの秋に感謝していただきました。

 

さて、おれんじの会の例会ご案内です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■10月例会 交流会

  10月4日(日)13:30~14:30 町なかサロン

  同じ経験をした人同士で、ゆっくりと語り合う会です。

  がん患者・経験者、身近な人を支えているご家族やお友達、

  そして大切な人を見送った方が対象です。

  感染対策をしたうえで、お気軽にご参加ください。

 

 

 

 

ひとやすみしたくなったら

2020年9月17日 2:45 PM

少しずつ季節が移っていく頃。

町なかサロンでもクーラーを入れたり、切ったりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

町なかサロンに置いているソファ。

少し大きめの2人掛け用で、

小柄な人であれば横になることもできます。

 

もう何年も前のこと。

ある患者さんが、勉強会に参加してくださいました。

痛みがあって、イスに座っているのがしんどい。

でも、先生の話は聞きたい。

「横になれれば楽なんだけど…」とおっしゃいました。

その頃はイスしかなくて、結局途中でお帰りになってしまいました。

 

申し訳なくて、すぐに購入したのが

このソファです。

 

一昨日は、診察帰りの患者さんが

「ちょっとしんどいから休ませて」と言って訪ねてこられました。

ソファに横になってひとやすみしていただきました。

 

体も、こころも

ひとやすみしたくなったら、どうぞ町なかサロンへお立ち寄りください。

がん患者さんと、身近な患者さんを支えている方、

大切な人を見送った方であれば自由にご利用いただけます。

 

自分のがん体験を、誰かのために ~ピアサポート研修開催しました

2020年9月13日 2:12 PM

愛媛県からの委託事業

「2020年度 ピアサポート研修」を、9月12日に開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感染拡大予防のため、例年は2日間開催のところを1日だけに短縮。

定員も半分に制限しての企画でしたが

県内各地から8人の方が参加してくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピアサポートとは何か?

適切なコミュニケーションは?

ピアサポーターに必要な基礎知識を学び

既に活動しているピアサポーターからの体験談もお伝えするプログラムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院サロンや、わたしたちが運営している町なかサロンで

ピアサポートを体験して

「次は、自分の経験を誰かのために」と考えて

参加してくださった方もいらっしゃいました。

 

思いが繋がっていくことを実感したことでした。

 

基本を学んだ方は、今後継続研修を受けて

ピアサポーターとしての活動を目指す予定です。

 

第144回例会を開催しました

2020年8月29日 6:30 PM

きょうも34℃を超える厳しい暑さ。

そんな中、例会を開催しました。

講師を招いての講演会は、今年1月以来です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受付には体温計、アルコールを準備し、

会場内のテーブルやイスもすべて消毒しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お隣とは距離を置いて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きょうの講師は、四国がんセンター副院長の山下素弘先生。

『補完代替医療とどう向き合う?』というテーマでのお話でした。

 

山下先生は

「補完代替医療に関する情報は、科学的検証が行われていない

 あやふやなものが多いのが現状」

「中には治療へのよくない影響を与える可能性があるものも。

 医療者に相談することが大切」と話していました。

 

先生が主任研究者としてまとめられたガイドブックの内容はこちら

https://shikoku-cc.hosp.go.jp/cam/dl/pdf/cam_guide(3rd)20120220_forWeb.pdf

 

おれんじの会次回例会は10月を予定しています。

暑さもコロナも落ち着いて、

みなさんとゆっくり交流できることを願っています。

 

町なかサロンは通常通りです

2020年7月27日 9:08 AM

7月最終週。

きょうの松山は曇り空ですが、ようやく梅雨の出口が見えてきました。

 

さて、新型コロナウイルスによる感染拡大が続いています。

愛媛県内でも、連休中に相次いで新規感染の報告がありましたが

町なかサロンでは、現在のところ通常通りの運営をしています。

 

平日(火曜を除く)はピアサポーターによる個別対応。

特別企画も今月から再開しています。

(詳しくは、このサイトのトップページ http://machinaka-orange.jp/をご覧ください)

 

ピアサポーターは体調管理を行い

サロンでは常に窓を開けて換気、テーブルなどの消毒も徹底しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご参加のみなさまには

・マスクの着用、手指消毒と検温のお願い

・特別サロンの際の人数制限

・万が一に備えてお名前と連絡先の確認

などのご協力をお願いしています。

 

町なかサロンは、愛媛県のがん対策事業の一環として

県からの補助金を受けて運営しています。

今後も、県の対応を確認しながら運営をしていきます。

 

対応を変更することになりましたら、このHP上でご案内します。

電話でのお問い合わせは 089-997-7638へお願いします。

 

こういう状況であっても

がんという病気への不安や、孤独感は変わりません。

むしろ自由に人と会えないからこそ

話を聞いてもらったり、相談したりできないことで

しんどさはより深まっているかもしれません。

 

だからこそ、最大限の感染防止策を取ったうえで

仲間としてお話を聴き、一緒に考えていきたいと願っています。

 

 

 

 

 

 

緩和・支持・心のケア合同学会 webでセッション収録しました!

2020年7月14日 12:20 PM

今年はなにもかもが異常事態です。

普段は雨の少ない松山で、大雨警報が断続的に発令されています。

 

そして、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため

あらゆる会議が休止、web開催に変更となりました。

学会も多くがweb開催となっています。

 

日本緩和医療学会、日本がんサポーティブケア学会、

そして日本サイコオンコロジー学会が合同で開催する今年の学会も

全面web開催が決まりました。

http://scc5po33pm25.umin.jp/

 

8月9日~10日からの配信開始を前に

セッションの事前収録が続いています。

 

わたしも、登壇予定のシンポジウムの収録に

昨日参加しました。

 

テーマは『パートナーとしての患者会活動を考える」

医療者と患者会とのパートナーシップについて考えるセッションです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月10日にLIVEで質問もお受けします。

学会に参加予定のみなさま、よろしくお願いいたします!

 

雨雲の上には太陽

2020年7月12日 8:11 PM

雨が降り続いています。

週間天気予報をみても雨のマークばかり。

もう、このまま太陽を見る日など来ないのではないかとさえ

思えてしまいます。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

町なかサロンでは、今月から

平日のピアサポーターによる対応に加え

特別企画も一部を再開します。

 

■7月18日(土)乳がん患者さんのためのサロン

■7月21日(火)大切な人を見送った方のためのサロン

■7月26日(日)町なか句会

■7月31日(金)医師による医療相談

※詳しくはトップページのイベント情報をご確認ください。

 

いずれも事前申し込み制(089-997-7638)で定員5人。

1時間だけの開催です。

制限を設けるのは心苦しいのですが

三密を避け、安心して一緒の時間を過ごしたいと思っています。

ご参加をお待ちしています!

 

*****************************************************

わたしが子宮頸がんの手術を受けたのは7月14日。

こういう日付を忘れない患者さんは多いもの。

 

あの頃、

重苦しい気持ちが晴れる日が来るとは思えませんでした。

 

足掛け5か月の入院生活が終わって退院するときには

病院正門前のイチョウは黄色く色づいていました。

 

あのときの空の美しさ。

まだ治療は続くけれど、青空を素直に嬉しいと思える気持ちになっていました。

 

20年という長い時間が経過しましたが

7月14日を前にすると、あの重苦しさと

青空の清々しさを思い出します。

 

梅雨の雲が去って、太陽の光を浴びる日を

心待ちにしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

町なかサロン 再開しました!

2020年6月10日 11:24 AM

真夏のような暑さがやってきました。

いろいろなマスクも出回ってきているようで

自分で調整をしながら、

暑さと感染症対策の両立が必要ですね。

 

さて、8日(月)から

町なかサロンでのピアサポート活動を再開しました!

 

これまでも電話でのご相談には対応していましたが

サロンの中で対面でピアサポーターがお話を聴かせていただきます。

 

幸い、町なかサロンは窓が大きく換気は十分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座り方を考えれば、距離を取ることもできます。

 

ピアサポーター側の対策と

利用してくださる方へのお願いを

トップページに掲載していますのでご覧ください。

 

まだ、大勢の方が集まる特別企画の再開は見合わせています。

状況をみながら対応を考えていきたいと思います。

 

町なかサロンでのピアサポーター対応は

月曜、水曜、木曜、金曜 10時~15時です。

 

ちょっと誰かに不安を聴いてもらいたい。

こんなときに、他の患者さんはどうしているんだろう。

同じような経験をしてきたピアサポーターにお話してみませんか?

 

 

 
ページトップに戻る