NPO法人 愛媛がんサポート おれんじの会

NPO法人愛媛がんサポート おれんじの会は、主に愛媛県内のがん患者と家族、その関係者が集う会です。

ブログ

病院サロン担当者とピアサポーターの意見交換会

2015年2月10日 10:32 PM

ここ数日厳しい寒さが続いています。

それでも、日の光は少しずつ強くなっているのを感じます。

 

きょうは、愛媛県内の病院サロン担当者とピアサポーターとの意見交換会を開催しました。

県のがん対策事業の一環として、おれんじの会が受託し開催したものです。

 

意見交換会 全体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年に、県内で初めてのがんサロンが大学病院でスタートしました。

現在では、7か所の拠点病院すべてと、それ以外の病院でも2か所で定期的に開催されています。

そのうち5つの病院サロンで、ピアサポーターが運営に協力しています。

 

しかし、なかなか病院の担当者とピアサポーターが意見交換する機会は少なく

サロンへの意識が必ずしも一致していないこともあり

今回の意見交換会開催となりました。

 

ピアサポーターとして活動している2人から、自身の経験やピアサポートへの思いを語り

仲間が支え合うことの大切さをお伝えしました。

 

その後、千葉県がんセンターで相談員として働いている野田真由美さんに

「ピアサポートにできること、病院と連携してできること」というテーマで

講演していただきました。

意見交換会 野田さん2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野田さんは乳がん経験者で、ご家族を見送った経験もあります。

がん経験者の立場で医療機関に雇用され、現在は相談員として仕事をしています。

その立場だからこそわかるピアサポートの重要性、病院との連携などについてお話いただきました。

 

講演の後には、病院サロンの担当者との意見交換も行いました。

 

以前はがん治療では長期の入院が珍しくなく、わたしも半年近くを病院で過ごしました。

その間に、先輩患者さんから

副作用への対応や、食事の工夫、気持ちの整え方や家族との接し方などを学びました。

何より、「ひとりじゃない」と実感できることが大きな支えでした。

 

しかし、現在では入院期間は短縮され、先輩の知恵や

仲間の共感を得る機会が少なくなっています。

だからこそ、サロンの場は重要になっているともいえます。

 

患者、家族の思いに応えようと、きょうの意見交換会に参加してくださった

病院サロン担当者の方々に感謝しつつ

わたしたちも、さらに気を引き締めてサロンの運営にあたっていきたいと思います。

 

愛媛がんフォーラム開催

2015年2月8日 11:12 PM

きょうは『愛媛がんフォーラム』が開催されました。

愛媛県在宅緩和ケア推進協議会の主催で

第1部では、在宅緩和ケアについて

第2部では、愛媛県のがん対策について

事業報告やディスカッションなどが行われました。

 

第1部には、在宅緩和ケアを経験し看取りを経験した方のお話があり

この中で、とても印象深いエピソードを聞かせていただきました。

 

お母さまを見送った息子さんの経験です。

お母さまはお料理が好きだったそうで、痛みがあっても自宅で台所に立っていたそうです。

そうすると気分が紛れるし、作ったものをおいしいと言ってくれる人がいることは

何よりの励みになったとのこと。

そして、娘さんに自分の味を伝えておくことができたそうです。

これは入院していては出来ないことです。

 

おれんじの会を立ち上げて間もない頃

わたしと同じ年の女性患者さんが、緩和ケア病棟に入院しているときに

家に帰りたいと言っていました。

小学生の息子さんに料理を作りたいのだと。

しかし、彼女の自宅近くでは在宅を支えてくれる医療資源はなく

その最後の願いは叶えられませんでした。

 

あれから5年。

まだ決して十分とは言えないながらも、愛媛県内各地で

「家に帰りたい」という患者・家族の希望を叶えるための取り組みは進んでいることを実感します。

 

きょうのフォーラムの様子は

愛媛CATVで2月15日(日)正午から放送される予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

人の手のあたたかさ

2015年2月7日 10:06 PM

きょうの町なかサロン特別企画は「タクティールケア」。

スウェーデンで生まれたケアで

手を使って、相手の背中や手足をやわらかく包み込むように触れるものです。

 

愛媛で活動しているタクティールケア研究会の方をお招きしました。

 

IMG_0799

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0801

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくり時間をかけて、そっと触れること。

それがポイントだそうです。

背中だけで約10分間、ゆっくり丁寧に全体に触れていきます。

摩擦も何も起こしていないのに

される側の背中も、する側の手もポカポカとあたたかくなってきて

おだやかな気分になっていきます。

 

まさに「手当て」の原点の体験でした。

 

参加者の中に、医学部に進む高校3年生がいました。

夜になって届いたメールに

「直接触れることのパワーを知ったことは将来役に立つのではないか」と書いてありました。

 

人の手のあたたかさ。

家族でも、医療者でも、どんな関係であっても

そのあたたかさは大きな力をもたらしてくれるはずです。

 

 

大洲でのサロン

2015年2月6日 6:38 PM

きょうは日帰り出張です。

週末、最終便近くの空港はビジネスマンであふれています。

 

さて、このブログでもご案内していた

大洲・八幡浜地域での初めてのサロンを、昨日開催しました。

どのくらいの方が参加してくださるのか不安でしたが

10人もの方が来てくださいました。

 

どうしても前向きになれないときの心の切り替え方や

家族としてどうサポートすればいいのか?など

いろいろな話に花が咲き、あっという間に1時間30分が過ぎました。

 

「こういう場所を待ち望んでた」

「ひさびさに笑った…」

帰り際にそう言ってくださる方もありました。

 

会場となった大洲市は、松山から車で1時間足らず、JRなら30分ほどの距離です。

それでも、体調が十分でなければ移動は負担です。

通院するだけで精一杯で、松山のサロンに行くのはとても無理、ともおっしゃっていました。

 

やはり、それぞれの地域で気軽に行ける場所に

しんどさや孤独を吐き出して、仲間と泣いたり笑ったりできる場所が必要なのだと

改めて強く感じました。

 

大洲の喜多医師会病院でのサロン、次回は3月10日 14:30~ 開催予定です。

 

 

 

 

 

がんプロフェッショナル養成

2015年2月4日 10:48 PM

IMG_0797

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きょうは岡山へ。

写真は、岡山大学医学部の敷地に建つJホール。

ガラス張りの素敵な建物です。

ここで、「中国・四国高度がんプロ養成基盤プログラム」の外部評価委員会が開かれ

委員の一人として参加させていただきました。

 

「がんプロ」は、文字通りがん治療のプロフェッショナルを養成するために

文部科学省が取り組んでいるものです。

中四国の取り組みの詳細は http://www.chushiganpro.jp/ をご覧ください。

 

薬物療法や外科、薬剤師や看護師などさまざまな職種の養成の取り組みが報告されました。

中には、全国で唯一、徳島大学が設けている「がん専門栄養士」養成のためのコースもあります。

それぞれの分野で熱心な取り組みと、相当の成果があがっていることが報告されました。

 

中四国の医学部で育ったがん治療のプロフェッショナルが地域に根付き

地域の患者・家族の治療、療養生活に役立ってこそのプログラムです。

単に、専門資格を何人取得したということでなく

真に患者・家族のために、という視点を失わずに、更なる展開を期待したいと思います。

 

 

愛媛がんフォーラム

2015年2月3日 9:36 PM

きょうは節分。

母が節分の夜にずっと守っていた習慣があります。、

家族それぞれの歳の数だけの大豆を白い紙に包んで、

十字路に置いてくるというものです。

そうすると1年間災難を逃れるのだと言っていました。

節分の翌朝、家の近くの十字路にはいくつかの白い包みが残されていましたので

我が家と同じ習慣を守っている家があったのだと思います。

最近の主流は恵方巻のようですが…。

さて、トップページのイベント情報にチラシを掲載してご紹介しているとおり

8日(日)に、愛媛のがん対策を考えるフォーラムが開催されます。

2部構成で、前半では在宅での緩和ケアについえ考え

後半では広くがん対策全般についてディスカッションする予定です。

後半の基調講演は、参議院議員の三原じゅん子さん。

「守りたい いのちを懸けて」と題してのお話です。

誰にとっても他人事ではない「がん」

がんになっても安心して暮らせる愛媛であるためにどうすればいいのか?

みなさんとご一緒に考えたいと思います。

 

大洲でのサロン開催!

2015年2月1日 8:40 PM

2月です。

青空が広がったものの、寒い寒い一日でした。

 

きょうは例会、交流会でした。

寒さの影響もあるのか、参加者は少なかったのですが

初参加の方が二人。

 

そのうちのお一人は、2時間近くかけて来てくださいました。

ここには詳しいことは書きませんが、似た立場の人とおしゃべりをして

帰り際に「来た甲斐がありました」と言ってくださいました。

こういう場を開いていてよかったと思える瞬間です。

 

2月5日(木)に大洲市でサロンを開催します。

大洲・八幡浜地域には、国が指定するがん診療連携拠点病院も

県が指定するがん診療推進病院もありません。

そのため、患者さんやご家族が集う場=サロンも開催されたことがありません。

そこで、わたしどもが「出張サロン」を開催させていただくことになったのです。

 

大洲市の喜多医師会病院がご協力くださることになりました。

病院2階の健診センターで、午後2時30分~午後4時までの予定です。

 

お近くにお住まいの方で、ほかの患者さんやご家族とおしゃべりをしてみたい方

情報交換をしたい方…

がん患者さん、ご家族、ご友人など病気に向き合っている方であれば

どなたでも参加いただけます。

おいしいお茶とお菓子も準備しています。

わたしどもピアサポーターがご一緒にお話しをさせていただきます。

 

これまで何度も「大洲や八幡浜でこういう場所があればいいのに」という声を聞いてきました。

お待たせしました。ようやく実現です。

仲間と一緒におしゃべりをしませんか?

どうぞお気軽にお越しください。

 

 

 

梅一輪

2015年1月25日 10:33 AM

IMG_0795

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家の今年初めての白梅です。

他はまだ固い蕾ですが、一輪だけ咲いてくれました。

 

『梅一輪一輪ほどの暖かさ』

毎年この時期になると思い出す句です。

 

きょうは、町なかサロンでは句会を開催します。

自由に句を詠みながら、

日ごろの悩みや楽しみなどを語り合う人気の企画です。

 

午後1時から3時まで開催しています。

お気軽にどうぞお越しください~

 

仲間だから語り合えること

2015年1月15日 9:56 PM

きょうは四国がんセンターの「ひまわりサロン」でした。

患者さんやご家族など当事者だけで語り合うサロンで

ピアサポーター(患者や家族として病気に向き合った経験があり、一定の研修を受けています)が

運営をお手伝いさせていただいています。

 

これから治療を始める患者さんが不安を訴えると

先に同じ治療をしている”先輩”が、副作用の対処法を伝えたり

家族と患者、それぞれの立場からの思いを話したり

仲間同士だからこそ本音で語り合えることがあると、サロンのたびに実感します。

 

愛媛県内のがん診療連携拠点病院7か所すべてで、

がん患者さんとご家族のためのサロンが開設されています。

ピアサポーターが運営の協力をしているのは

四国がんセンターのほか、愛媛大学病院、松山赤十字病院、県立中央病院

そして市立宇和島病院です。

どこも毎月1回定期開催されています。

お気軽にご参加ください。

 

 

大切な人を見送った方のためのサロン

2015年1月13日 6:50 PM

IMG_0777

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きょうの松山の空です。

まぶしいくらいの青空でした。

 

町なかサロン近くには愛媛県立中央病院があります。

ここで大事なご家族を見送った経験のある女性が、

デパート屋上の観覧車の思い出を話してくれたことがありました。

 

「お見舞いに行った帰りには、いつも駅の方向にある観覧車を見上げていた。

 家族を見送った後はこの風景を見るのが辛くて、目を背けて歩いていた。

 でも、ある時ふっと見上げられるようになった。

 もう大丈夫かもしれません」

 

大切な人をなくした悲しみはさまざまで、癒されるきっかけも様々です。

同じ経験をした仲間との話が、そのひとつになることもあるかもしれません。

 

今月17日(土)午後1時~午後3時まで、町なかサロンで

『大切な人を見送った方のためのサロン』を開催します。

ご家族に限りません。

お友達、恋人、職場の仲間…他ではなかなか口にできない思いを自由にお話してください。

 

 

 

 

 

 

 
ページトップに戻る