NPO法人 愛媛がんサポート おれんじの会

NPO法人愛媛がんサポート おれんじの会は、主に愛媛県内のがん患者と家族、その関係者が集う会です。

ブログ

医療者向け緩和ケア研修

2017年3月20日 9:37 PM

あたたかな三連休でした。

 

土曜、日曜の二日間は医療者向けの緩和ケア研修会に

オブザーバーとして参加してきました。

IMG_2268

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、国のがん対策の一つとして

がん診療連携拠点病院が主催して行っているものです。

愛媛県内では年間8回程度開催されています。

 

医療用麻薬の使い方や、精神症状などの医学的なことに加え

患者とのコミュニケーションの取り方についても

ロールプレイなどを行いながら学ぶプログラムで

2日間15時間に及びます。

 

この研修に患者・家族の視点を取り入れることが決まり

これまでは、当事者が経験を語るDVDを使った研修が行われてきましたが

今回の研修では、当事者がオブザーバーとして参加し

その場で語る機会をいただきました。

 

痛みや辛さをうまく伝えられない患者の思い、

だからこそ何度も問い掛けて、

言葉にできない思いを聴きとっていただきたいことなどをお伝えしました。

 

今回の受講者は、医師を中心に約30人。

あすからのそれぞれの医療現場での患者・家族への対応に

活かされることを願っています。

IMG_2269

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛の点滴100ミリリットル

2017年3月16日 9:10 PM

IMG_2265

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝晩はまだ寒さを感じますが

庭には確実に春が訪れています。

 

さて

愛媛新聞(3月15日付け)の『四季録』に

「愛の点滴100ミリリットル」というタイトルが付けられていました。

旭川荘南愛媛病院院長 岡部健一先生の文章です。

 

以下に一部を記します。

  先日、市立宇和島病院でがんの在宅緩和ケアの症例研究会があった。

  終末期には点滴は医学的には無益だという意見がある中で

  アドバイザー役である松山ベテル病院の中橋恒院長が

  思いやりの表現として

  患者さんや家族に頼まれて

  「100ミリリットルのブドウ糖液でも点滴することがある」と

  発言された。

  医学的には効果がなくても

  演出としてとても大切なことだと思いを新たにした。

 

中橋先生は、もともとは呼吸器外科の医師で

多くの肺がん患者さんを手術などで”治す”ことを主としていました。

しかし、残念ながら治せない患者さんを多く診る中で

最期まで寄り添う医師になりたいと思い

緩和ケア医の道を選んだとお聞きしています。

そして、現在では、特に在宅での緩和ケアの充実のために

県内各地を飛び回って活動なさっています。

 

いよいよの時に、家族が「せめて点滴でも」と患者に寄せる愛。

そんな家族の思いに応える主治医としての愛。

そんな「愛の点滴100ミリリットル」。

 

医師と患者、家族の間に

医学としての判断だけでなく

心が介在する関係が、もっともっと広がることを願います。

 

 

 

 

人の手のあたたかさ

2017年3月11日 9:02 AM

町なかサロンの特別企画。

9日には、アロママッサージを体験しました。

アロマサロン1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師は、日本アロマ環境協会認定アロマセラピストの

児玉三由さん。

 

アロマサロン児玉さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

児玉さん自身も、家族としてがんに向き合った経験があります。

 

アロマオイルの特徴や、香りの楽しみ方などを学んだ後に

いよいよハンドマッサージの実演です。

 

アロママッサージ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者同士がお互いにマッサージに挑戦です。

終わるころには、みなさんが笑顔になっていました。

 

もう10年以上前に、若い友人が自宅で療養していたときのこと。

訪問看護師さんがしてくれたアロママッサージが

とても心地よかったと話してくれたことがありました。

 

児玉さんもおっしゃっていましたが

技術ではなく

相手のことを大事に思いながら

自分の手と心で包み込むように触れること。

それが、心地よさを生み出すのだと思います。

 

人の手のあたたかさ、そこから伝わる思い。

厳しい病に向き合うときに欠かせないものですね。

 

 

 

 

 

 

「わたし」のためのがん治療

2017年3月5日 8:23 PM

きょうは、おれんじの会第107回例会。

最新のがん治療についての勉強会でした。

IMG_2217

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師は、四国がんセンターの仁科智裕先生です。

 

IMG_2218

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遺伝子解析の技術が進み

がんは、臓器別の治療から遺伝子別の治療へ。

例えば、同じ大腸がんであっても、

どういう遺伝子変異が原因なのかによって

治療法が異なってくる時代を迎えようとしているというお話でした。

 

どのような遺伝子変異を持っているのか

患者の了解のもとに解析を行い

必要に応じて、最適な治験に結びつける体制も整いつつあるとのこと。

 

「わたし」のためのがん治療が、もうすぐそこまできていることを

感じさせていただく講演でした。

 

しかし、一方では

遺伝子解析によりさまざまな情報を手にしたうえで

治療法の選択が難しさを増すことも予想されます。

治療効果と副作用、後遺症の問題。

医療費の問題。

わたしたち患者側も、情報に向き合う力や

医療者とのコミュニケーション力を見つけることも大事になることを

忘れてはいけないと思います。

 

 

 

 

声が届くこと

2017年3月4日 9:52 PM

きょうは、町なかサロンの特別企画で

胃がん患者さんとご家族のためのサロンでした。

 

講師は四国がんセンター院長の栗田 啓先生。

栗田先生

 

 

 

 

 

 

 

( ↑ 写真はwebで見つけたものです)

 

胃の働きから、治療法、後遺症が起こる仕組みまで

わかりやすくお話いただきました。

 

少人数でのサロンなので、自由に質問できます。

「術後の検査はどうすればいいでしょうか?」

「アルコールはいつから再開できますか?」

いろいろな質問が出ていました。

 

話題の中心になったのは、やはりダンピングなど後遺症のこと。

参加したみなさんが、それぞれの症状についてお話をするのを聞かれた先生が

「こんなに細かなことまでは、なかなか患者さんから聞かされないなぁ」と

おっしゃっていました。

 

医療者と患者、家族の相互理解が深まるのも

町なかサロンのいいところです。

診察室では届けられないわたしたちのしんどさや希望を

医療者に知ってもらえる場でもあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岐阜で学んできました

2017年2月27日 4:34 PM

気持ちよく晴れた一日。

日差しが一段とチカラを増してきたようです。

 

週末は岐阜へ行ってきました。

土曜は、岐阜市民病院で開催された医療者のためのがんセミナー。

テーマは「がん治療と就労」

町なかサロンでの就労支援の取組みについて

紹介させていただきました。

岐阜市民病院

 

 

 

 

 

 

 

関係者の集合写真、最前列でジャージを着ているのは

湘南ベルマーレ フットサルクラブの久光重貴選手です。

肺がんの治療を続けながら、プロの選手として活躍しています。

そして小児がんの子どもの支援活動にも取り組んでいます。

http://f-ribbon.jp/

 

久光選手の言葉に、わたしも大きなチカラをもらいました。

その事は改めて書かせていただきます。

 

そして、日曜は「ご当地カフェin岐阜」へ。

ご当地カフェチラシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご当地カフェ

 

 

 

 

 

 

 

こちらも、テーマは「がん治療と就労」ですが

がん経験者、医療者、行政担当者、一般市民など

さまざまな立場の人が

実際にどのような支援があればいいのかを自由に語り合う場でした。

 

印象的だったのは

がんに罹患した人(被雇用者)が、その後の仕事について

会社側と「交渉」するのではなく

「人と人として話し合う」ことが大事なのではないか?という意見です。

 

「人と人として」

就労をめぐることだけでなく

医療者とのコミュニケーションも

根っこは同じだなぁと感じたことでした。

 

立場を超えて語り合う取り組み、愛媛でも実現できたらと思いつつ

帰路につきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピアサポートとは?

2017年2月20日 10:15 AM

週明け、どんよりした空です。

 

先週土曜は、ピアサポーターの事例検討会でした。

現在活動している人を対象に、2か月に一度定期開催しています。

 

IMG_2196

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のテーマは、町なかサロンの医療相談に来た方へのご案内について。

医療相談では何ができて、何ができないのか。

免責事項などを含めて正しく説明することが求められます。

ロールプレイをして確認します。

 

IMG_2197

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロールプレイの中で、相談者役をした一人がこう言いました。

「家族が病気です。もう治療法がないと言われました。

 何か方法はないのかを相談したいんです」

 

ここで、どう反応するかがピアサポーターには問われます。

 

マニュアル通りに

「では、そのあたりを先生にご相談してください」で済ませるのか?

 

それではピアサポートとは言えないと考えます。

 

治療法がないと言われたら、どんな思いがするのか。

家族の立場なら。

どんな思いで、このサロンまで足を運んでくださったのか。

 

自分の経験に置き換えて想像すれば、それが態度に現れるはずです。

 

わたしたちが「ピア」=仲間としてサポートをする意義を

常に考え続けていくこと。

ここを忘れてはいけないと思っています。

 

 

 

中国・四国がんプロフェッショナル養成

2017年2月17日 10:37 PM

きょうは四国地方で春一番が観測されたそうです。

確かに、松山では朝から生温かな風が吹いていました。

そのうえ雨が降ったりやんだり。

で、偏頭痛が治まらない一日でした…。

 

そんな中、瀬戸大橋を渡って岡山へ。

中国・四国がんプロフェッショナル養成基盤プログラム 外部評価委員会です。

IMG_2195

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さまざまな分野での、がん医療のプロフェッショナルを養成するプログラム。

今年度で2期10年の取組みが終了します。

中国・四国は広域で10大学が連携して取り組んできました。

詳しくは http://www.chushiganpro.jp/

 

患者・家族の立場から、外部評価委員として意見を申し上げてきました。

 

専門医をはじめとして、多くの専門職を養成することは重要です。

豊かな知識と、すぐれた技術があってこそ。

しかし、それだけではなく

患者全体をみる目も養っていただきたい。

研究や治療技術だけが先行するのではなく

患者・家族の不安やつらさにも目を向ける人材が育ってほしいと

強く願っています。

 

人材養成には、長く根気強い取り組みが必要です。

次の展開に期待しています。

 

 

 

自分を責めない 自分を許す

2017年2月13日 9:54 PM

がんを経験した方の多くが

なぜ病気に?と原因探しをした経験があると思います。

 

生活習慣が悪かったのか。

ストレスがいけなかったのか。

悪いことをしてきたから…?

 

小林麻央さんの、きょうのブログが

それに関する内容でした。

http://ameblo.jp/maokobayashi0721/

 

自分の人生を否定しない。

病気になったことも含めて。

 

その思いに至るのは、なかなか簡単なことではありません。

 

わたしも、何度も何度も同じところをグルグルと考えていました。

どうして早く気付かなかったのか?

自分の命と引き換えに、子どもを産めなくなったことで

周りの人を悲しませ、落胆させたことをどう償えばいいのか?

なぜ生き残ったのか?

 

それでも、自分に、自分の人生にYESと言おう。

懸命にわたしを支えてくれた方たちのために。

そう思ってきました。

 

小林麻央さんのブログを読んで、思い出したことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

緩和ケアが当たり前の世の中になるように

2017年2月12日 10:19 PM

 

きょうは、日本緩和医療学会が開催した医療従事者向け講演会で、

全国がん患者団体連合会 副理事長として

ディスカッションに登壇させていただきました。

IMG_2182

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2183

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場となった東京 丸ビルホールには200人ほどの参加者。

 

わたし自身の経験、仲間の声などを紹介し

残念ながら、まだまだ体やこころの痛みの緩和が十分ではない現状を

お伝えしました。

 

では、これからどうするのか?

 

医療者の研修、効果的な普及啓発の在り方などについて

患者団体が協力できることなどについて意見を求められました。

 

研修への患者・家族の参画や、

医療者とのコミュニケーションについての患者側の学びなどについて

お話をさせていただきました。

 

主治医につらさを上手く伝えられない仲間の泣き顔や

旅立った仲間が残していったメッセージなどを思い浮かべ話をしましたが

どれだけ伝えられたのか。

あの時、ああ言えばよかった、こう言えばよかったと思い返し猛省です。

 

緩和医療学会副理事長の有賀先生が、ご講演の中で

イギリスで緩和ケアが浸透するキッカケになったのは

市民活動だったと語っていらっしゃいました。

 

痛みを感じたわたしたちが、声をあげ、何ができるかを

医療者と共に考え

一歩ずつ前へ進めていくことが重要。

 

ずっと抱えたままの宿題は、またひとつ重さを増したようです。

 

 

 

 

 

 
ページトップに戻る