NPO法人 愛媛がんサポート おれんじの会

NPO法人愛媛がんサポート おれんじの会は、主に愛媛県内のがん患者と家族、その関係者が集う会です。

詳しくはこちら

がんと向き合う人のための町なかサロン

町なかサロンは、がんと向き合っている方のための場所です。
患者さん、ご家族、ご友人、大切な人を見送った経験をもつ方…、お気軽にご利用ください。
このサロンは、愛媛県が国の「地域医療再生交付金」を活用して助成金を交付し実施されるものです。

お知らせ

わたしどもは、愛媛県の委託を受け、がん患者さんや支える方のための情報提供に取り組んでいます。
2種類の小冊子を作成し、無料でお配りしています。

みんなの質問ノート
治療を受けるときに医療者に聞いておきたい質問事項を具体的に紹介
家族必携〜第2版〜
ご家族をはじめ、患者さんを支えている方々のための情報を紹介
同じ経験をした仲間のメッセージを多数掲載。

小冊子は、町なかサロンのほか、がん診療連携拠点病院などに置いてあります。
また、このHPからもダウンロードできます(画面右下)。

トピックス

イベントのご案内

201607-8第109回例会 勉強会
知っておきたい 緩和ケア病棟

日時:2017年5月14日(日)13:30〜15:00
場所:愛媛県総合保健協会(松山市味酒町1-10-5)
講師:成本勝広先生(四国がんセンター緩和ケア科医長)
参加費:500円(おれんじの会会員 無料)

「緩和ケア病棟」では、どんな医療が受けられるのか?どんな入院生活を送るのか?
費用や手続きなどについても学び、療養場所の選び方について考えます。

第110回例会 講演会
医師が患者になってわかったこと
〜死に方を考える〜

日時:6月11日(日)14:00〜15:30
場所:愛媛県総合保険協会(松山市味酒町1−10−5)
201607-8参加費:500円(オレンジの会会員無料)

講師:田所園子先生
愛知県一宮市出身。
1995年高知医科大学医学部卒業。
同大学医学部麻酔科蘇生科入局。
高知赤十字病院救急部勤務中に妊娠。これを機に医局を退局。以降三人の子どもを育てながら一般病院にて勤務。6年前に子宮頸がんが見つかり治療を受け、現在も経過観察が続いている。

患者の立場になってみて、こんなにも大きな不安が押し寄せることを思い知りました。そして、自分のゆく道を見つめることの大切さも考えるようになりました。自分らしく生き抜くために、どうすればいいのか、ご一緒に考えたいと思います。


5月の町なかサロン

201607医療相談
 担当:高嶋成光医師
 5月19日(金)午後1時〜午後3時

看護師による相談
 担当:一井美哉子看護師
 5月12日(金)午後1時〜午後3時
 5月26日(金)午後1時〜午後3時

若年患者さんのサロン

 5月13日(土)午後1時〜午後3時
 若年(10代後半から40代くらいまで)のがん患者・経験者、そのご家族や友人などを対象としたサロンです。
 治療と仕事との両立、恋愛、結婚など、若い患者さん特有の悩みや不安を仲間と話してみませんか?201704jakunen

大切な人を見送った方のためのサロン
 5月16日(火)午後1時〜午後3時
 特別ゲストとして臨床仏教師 森脇宥海さんをお迎えします。
 悲しみや不安への向き合い方を仲間と語り合いませんか?

がん治療と運動
 5月20日(土)午後1時〜午後3時
 講師:中田英二先生(四国がんセンター 整形外科)
 がん治療の中で、運動を取り入れることの効果が注目されています。最新の研究成果を学び、治療や生活にどう取り入れていけばいいのかを考えます。

就活相談セミナー
 5月21日(日)午後1時〜午後3時
 治療を続けながら働くことへの様々な問題、就職活動の不安などを、キャリア・コンサルタントが共に考え、サポートします。

○がん患者さんとご家族のサロン(喜多医師会病院)○

○乳がん患者さんのためのサロン○

 

お問い合わせ、お申し込みは
がんと向き合う人のための町なかサロン 松山市末広町17-9 089-997-7638 (松山市駅から徒歩7分、子規堂斜め向かい)

 
ページトップに戻る