NPO法人 愛媛がんサポート おれんじの会

NPO法人愛媛がんサポート おれんじの会は、主に愛媛県内のがん患者と家族、その関係者が集う会です。

ブログ

町なかサロンでお花見を

2024年4月2日 8:11 PM

おれんじの会の会員さんが、自宅に咲いている桜の花を届けてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソメイヨシノだけでなく、彼岸桜やひょうたん桜など

珍しい花もたくさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末までお花はもってくれそうです。

松山は明日から雨の予報です。

町なかサロンの中でのお花見はいかがでしょうか?

 

平日は午前10時から午後3時まで。

7日は、おれんじの会例会の交流会が午後1時30分から午後3時まで。

どなたでも自由に参加できます。

お待ちしています。

 

 

 

ピアサポーター交流会を開催しました

2024年4月1日 10:58 AM

連日の20℃越えで、桜の開花は一気に進みそうです。

 

昨日は、ピアサポーターの交流会でした。

 

2009年に、愛媛県からの委託事業として初めてピアサポーター養成を行い

その後、県内の拠点病院サロンへピアサポーター派遣を実施しています。

 

よりよい対応のために、勉強会と交流会を開催しています。

交流会は、日頃疑問に思っていることや、サロンで感じたことなどを率直に語り合い

活動の中で抱えたモヤモヤを少しでも軽くすることが目的です。

 

再発後の治療中の人や複数回の罹患経験のある人、

大切な人を見送った悲しみを抱えている人など、

さまざまな経験をした人が、おれんじの会のピアサポーターとして活動しています。

 

具体的な経験は異なっても

自分自身や大切な人が告知を受け感じた不安や焦り、孤独、

そして感じた人の優しさには、共通するものがあります。

その土台に立って、新しい年度も活動を続けていきたいと思います。

 

もしも、「誰かに話を聴いてもらいたい」「誰かに話をしたい」

「ほかの人はどうしてるんだろう?」と思われたら

ピアサポートのご利用も考えてみてください。

各病院のサロン、町なかサロンでお待ちしています。

https://e-cip.jp/support/book/data/SupportBook_4.pdf

(17pに詳しいご案内があります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真公開の了解があったピアサポーターです

 

「体験を共有し、共に考える」ということ

2024年3月29日 4:23 PM

松山では最高気温が20℃を超え、動くと汗ばむような一日でした。

やっと開花した桜も慌てているかもしれません。

 

 

さて、24日に鳥取、27日に香川へ出張へ行ってきました。

鳥取大学医学部附属病院がんセンターの市民公開講座と

香川県ピアサポーター養成研修です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥取の市民公開講座では

「患者力で仲間を支える」というタイトルで

愛媛でのピアサポートの取り組みをご紹介してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香川県のピアサポート研修は、実際に活動している方などを対象としたフォローアップでした。

 

ピアサポートとは

「体験を共有し、共に考える」とされています。

※厚生労働省委託事業 がん総合相談に携わる者に対する研修事業 テキストより

 

私自身、治療中の大きな支えとなったのは

同室で一緒に治療している患者さんたちの存在でした。

同じように副作用に苦しみ、先への不安を抱えながら過ごす人からの

ちょっとした声掛けや励ましに、どれだけ救われたかわかりません。

 

国も、がん対策推進基本計画の中で

同じ経験を持つ者によるサポートの重要性を明記しています。

 

それぞれの地域の特性に応じての活動が

これからも拡がっていきますように。

そして、愛媛での活動を、時代に合わせてより良いものにしていけるようにと

年度末に改めて思っています。

 

今治で宮本亜門さんの講演(3月16日)

2024年3月8日 9:04 PM

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月3日は第179回例会でした。

会員さんが春の花をたくさん持ってきてくださって、町なかサロンは春らんまん。

久しぶりに顔を見せてくださった方もあり

「そうだ、行ってみよう」と思ってもらえる場を守り続けることの大切さを感じました。

 

 

済生会今治病院主催 市民公開講座の情報提供です。

3月16日(土)14時~ テクスポート今治で開催されます。

テーマは「前立腺がん」

新しい治療法についての講演、そして特別講演の講師は宮本亜門さんです。

「亜門のがん日記」という演題でお話されます。

入場は無料。

詳しくは https://www.imabari.saiseikai.or.jp/soshiki/2/topic-20240220-1.html

 

 

 

3月3日の例会は「食事の困りごと」を考えます

2024年3月2日 11:36 AM

松山では雪がちらつきました。

梅が終わって、木蓮の花芽が日に日に大きくなってきたところに

冬が逆戻りしたような寒さです。

 

さて、あす(3月3日)はおれんじの会例会。

今回は「食事の困りごと」をテーマに語り合いをしようと思います。

 

「どういう食事を取るか?」

ではなく

「どうやって食事を取るか?」です。

 

診察、検査、治療などで体力も気力もないときに

食事の準備をするのは辛い。

でも、できるだけ栄養バランスがよくおいしいものを食べたい。

 

自分のことはともかく

家族の食事の準備が大変…という方もいらっしゃるでしょう。

 

冷凍食品?

お弁当の宅配?

 

どんな工夫をして食事を取るかについて

知恵や工夫を共有できればと思います。

 

■おれんじの会例会

3月3日(日)13:30~15:00

町なかサロン(松山市末広町17-9)

※時間内の出入りは自由です。

   がん患者・経験者、ご家族、友人などが対象で、参加は無料です。

 

 

 

 

2月後半の活動報告

2024年2月27日 4:24 PM

松山では、昨日震度4の地震がありました。

町なかサロンでは、小さな絵が落ちただけでした。

いつ、どういう災害に遭うかわかりませんから

できるだけの備えをしておくことを、改めて考えました。

 

さて、2月後半は多くの活動があり出張も続いていました。

順にご報告です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■胃がん啓発セミナー(2月17日)

患者さんのための胃がん治療ガイドラインが19年ぶりに発行されたことを記念して

全国3か所で開催されるセミナーのうちの一つ。

胃がん患者・家族の会希望の会、四国がんセンター、そしておれんじの会の共催でした。

お薬での治療法の開発が進む中で、

わたしたちも科学的根拠のある情報を知っておくことの必要性を学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■京都大学医学部附属病院先端医療研究開発機構 iACT 

市民公開講座(2月18日)

患者の立場から、未来の医療のために

自分のペースで周囲の助けも借りながら、自分の病気について理解を進めていくこと。

治験や臨床試験などについて冷静に調べること。

そして、自分の希望をことばにして医療者に伝えること。

この3つの点でお話をしました。

後日、iACTのyoutubeで動画が公開予定と聞いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■第21回日本臨床腫瘍学会学術集会(2月22日~24日)

サバイバーシップに関するシンポジウムで、患者の立場から発表を行いました。

また、患者さんやご家族などが参加するPAPの運営を担当しました。

 

 

これらの活動を通して、患者・経験者、家族やピアサポーターも

科学的根拠のある最新の情報を学ぶことの大切さを痛感しました。

 

おれんじの会は活動の柱の中に「学び」を掲げています。

今後、例会や町なかサロンの取り組みの中で

仲間と共に学べる機会を作っていきたいと思います。

 

 

 

 

【お知らせ】町なかサロン 臨時のお休みについて

2024年2月15日 9:13 PM

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事な枝垂れ梅。

先日、松山市内で見かけました。

きょうは20℃を超える暖かさでしたから

梅や、早咲きの桜も咲きそろったのではないでしょうか。

 

さて、きょうは町なかサロンの臨時のお休みについてのお知らせです。

都合により下記日程をお休みといたします。

 

2月22日(木)終日

2月29日(木)終日

2月27日(火)13時~ みんなで語り合うサロン

 

お電話での相談対応もお休みです。

申し訳ないのですがご了承ください。

 

緩和ケアを受けていますか?

2024年2月10日 11:43 AM

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あちこちで梅が満開。

ほのかな香りが漂ってきます。

ここ数日、日差しに「あ、季節が動いた」と感じるようになりました。

 

 

きょうはイベントのご案内です。

緩和医療学会が主催する市民公開講座が

2月11日(日)13:30~16:00 開催されます。

 

会場とyoutubeによる配信のハイブリッド開催です。

※会場参加はすでに締め切られています。

 

詳しい内容は https://www.kanwacare.net/tsunagatte_yokatta/

 

体やこころのつらさをやわらげる緩和ケアは

診断されたときから始まる、とされています。

 

でも、残念ながら

必要とするケアを受けられていない方が多いのが現状だと感じています。

どうすれば緩和ケアにつながることができるのか、

当事者の経験を聞きながら考えるプログラムです。

 

当日は日本緩和医療学会公式youtubeから視聴できます。

https://www.youtube.com/watch?v=stIqgkVe43A&t=9166s

 

一歩でも前へ

2024年2月4日 8:04 AM

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとピンボケ。。。

昨日、いただいた手作りの巻き寿司です。

きょうは立春。

 

 

 

ここ数日、患者・家族の思いをお伝えする機会が続いています。

2日は、がん治療のプロフェッショナルを養成する

中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアムの外部評価委員会。

3日は、泌尿器科学会四国地方会の教育講演でした。

 

自分の経験や考え方だけに偏らないように

これまで耳にしてきた多くの患者さんやご家族の思いを

少しでも代弁できるように。

そう願って話をしていますが、毎回終われば反省ばかり。

私では無理かも、と思う時もあります。

 

そんな時に目にした、あるNPOの代表の言葉。

「途方に暮れて脱力しそうな状況だが

 そんな暇があったら

 一歩でも前に進めるしかないと

 自分に言い聞かせています」

 

自分の非力を嘆いても何も始まらず。

場が与えられている限り、前を向いていこう。

託された思いを大事にして、きょうも行ってきます!

 

 

 

胃がんについて考えるセミナーを開催します

2024年2月1日 10:17 AM

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きょうから2月。

町なかサロンへ、”春の差し入れ”が届きました。

サロンの中も、人の表情も明るくなります。

感謝です。

 

さて、2月の予定を一つご案内。

胃がんについて学ぶセミナーを開催します。

 

患者さんのための胃がん治療ガイドラインが、19年ぶりに発行されたのを記念して

四国がんセンターと認定NPO法人希望の会、そしておれんじの会が共催します。

 

このガイドライン策定委員である、

四国がんセンター院長補佐、がんゲノム医療センター部長の仁科智裕先生による講演と

四国がんセンター患者家族総合支援室長 福島美幸さんによるサポート情報の講演、

そして、みなさんの質問に答えるディスカッションなどが予定されています。

 

2月17日(土)13:00~15:00

現地(四国がんセンター暖だん)と、オンライン(zoomウェビナー)

どちらからでも参加できます。

 

■詳しくは https://shikoku-cc.hosp.go.jp/dandan/2024/02/17/p316/

■WEB参加の申し込みは https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_j49TzVYLRCirPyNqnBg_sA#/registration

 

このセミナーに連動して、町なかサロンでは

仁科先生をお招きして、少人数でのサロンを3月20日に開催予定です。

詳しくは後日ご案内いたします。

 

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 

 
ページトップに戻る