NPO法人 愛媛がんサポート おれんじの会

NPO法人愛媛がんサポート おれんじの会は、主に愛媛県内のがん患者と家族、その関係者が集う会です。

ブログ

医療費控除について学ぶサロン

2018年1月22日 9:35 PM

東京では大雪になっているようです。

バスやタクシー乗り場では、1時間も2時間も待つ行列ができているとのこと。

この中にも

治療中だったり、体調不良だったりする方もいらっしゃるのだと思います。

どうか早く雪が止んで、暖かな場所へ向かえますように。

 

さて、町なかサロンの特別企画のご案内です。

今週木曜、25日には

「医療費控除について学ぶサロン」を開催します。

 

2017年中に支払った医療費などで

何が医療費控除の対象になるのか?

どういう手続きが必要なのかを

税理士 石田みか先生に教えていただきます。

 

がん患者、経験者、ご家族が対象です。

1月25日(木)13時~15時まで、参加は無料です。

お気軽にご参加ください。

(個別の税務相談はお受けできませんのでご了承ください)

 

 

 

 

経験を役立てるために

2018年1月15日 9:38 PM

おれんじの会では、ピアサポート活動を2009年から行っています。

ピアとは仲間の意味。

患者や家族としてがんに向き合った経験があって

一定の研修を受けた人をピアサポーターとして登録し

病院サロンや町なかサロンで活動しています。

 

その研修の一環として「自分の経験を語る」をテーマに

勉強会を開催しました。

 

ピアサポーターをしていると

「あなたはどんな治療をしたの?

    どんな副作用があったの?」など

経験を尋ねられる場面も多くあります。

そんな時に、何に注意して語ればいいかを学ぶ勉強会です。

 

IMG_2905

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師は、がんサポートかごしま理事長の三好 綾さんです。

 

IMG_2907

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サロンやがん教育の場などで、自らの経験を語る機会の多い三好さんから

さまざまなお話を聴かせていただきました。

 

誰のために伝えるのか?

どんな話が求められているのか?

わかりやすい言葉で伝えているか?

など基本的なことを振り返る機会となりました。

 

自分の経験を振り返り

その時の感情を思い出すのは楽な作業ではありません。

また、改めて言語化すると

辛さや恐怖が甦ることもあります。

 

それでも、自分たちの経験と乗り越え方を伝えることが

少しでも次の方々のお役に立つのなら。

そう願って、みんなで一緒に学んだ時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで一緒に

2018年1月8日 8:50 PM

町なかサロンでは、利用してくださる方のご意見を参考に

時々模様替えをしています。

 

この連休にも、少しだけイメージチェンジ。

IMG_2885

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入口付近のパテ―ションを部屋の中央にずらして

入ったときの圧迫感をなくしてみました。

 

IMG_2887

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、壁には新たにかわいい作品。

もともと、会員の内藤あゆ美さんが描いてくれていた絵を

和紙を使ったちぎり絵で作ったものです。

 

IMG_2888

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よ~く見ると、和紙の毛羽立った感じがわかります。

ひよこの毛や、シロツメクサのフワフワした感じがよく表現されています。

 

ちぎり絵作家の方のご指導をいただきながら

町なかサロンの利用者の方々が少しずつ作り上げました。

 

絵のタイトルは『ひとりじゃないよ』

このタイトルのような、みなさんの居場所であり続けられるように

ピアサポーター一同で誠実に活動していきたいと思います!

 

 

緩和医療学会 患者・家族参加プログラム

2018年1月5日 9:29 PM

きょうは小寒。

これからしばらくは厳しい寒さが続くとされていますが

松山では、昨日梅が開花したとのこと。

我が家の梅の木も蕾がいっぱいです。

 

さて、きょうは学会のご案内です。

今年6月15日~17日、神戸で第23回緩和医療学会が開催されます。

この中で、患者・家族の参加プログラムが設けられることになり

募集が始まっています。

http://jspm2018.umin.jp/pal/index.html

 

緩和医療に関する最新の研究について学べる貴重な機会。

関心のある方は、ぜひ応募なさってください。

わたしもワーキンググループメンバーの一人として関わらせていただきます。

 

 

1月4日から活動開始

2018年1月3日 9:03 PM

あっという間にお正月休みが過ぎていきました。

うかつにも風邪を引いてしまい、

昨晩は38℃の発熱でダウン。。。

お休みのおかげでよく寝たので回復しましたが

「体調管理に要注意」という暗示と受け止めました。

 

さて、町なかサロンは1月4日から通常の運営となります。

今月の特別企画は、後半を中心に予定しています。

 

18日には、患者さんを支えている妻・夫のためのサロン。

今回は社会保険労務士を講師にお迎えします。

配偶者ならではの悩みでもある「生活」「経済的な問題」について

専門家から学び

同じ立場の人同士で語り合います。

そのほかの予定はHPトップページをご覧ください。

 

平日も毎日10時から15時まで開いています。

負っている荷物を、短い時間だけも降ろしていただけるように。

お待ちしています。

 

今年もよろしくお願いいたします

2018年1月1日 11:45 AM

新年あけましておめでとうございます。

松山はおだやかな快晴です。

 

昨年9月以来、まったく更新できず。

反省しつつ

机に向かって、最初にブログを書いております。

 

まずは、おせち料理の写真から。。。

IMG_2878

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、おれんじの会の仲間が作ってくれたものです。

毎年、大晦日に届くようになって5年くらいでしょうか。

 

年が明けて最初に頂くものが、心を込めて作られたものというのは

とても豊かで幸せなことだと、改めて思います。

何より、仲間の存在のありがたさに心があたたまります。

 

10年前の2008年年明け。

患者・家族会の設立準備のために走り始めました。

同じ志を持つ仲間と、不思議なほどにご縁がつながっていきました。

 

あとに続く仲間のために、

がんに向き合う環境を少しでもいいものにしたい。

「ひとりじゃない」と伝えたい。

経験をしたわたしたちだからこそ、できることがあるはず。

そう信じて、仲間と一緒に走り続けた10年。

 

何ができたのか。

なにが足りないのか。

しっかり見極めて、今年も一歩一歩進んでいきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
ページトップに戻る